立地環境や住宅形状によって異なるシロアリ対策

木材

シロアリに嫌われる住宅にするためには、適切に対処を行なう必要があります。ここでは、立地環境などによって異なるシロアリ対策法を見てみましょう。シロアリ駆除費用相場の料金内で駆除を行なう際の参考になるかと思います。

これから自宅を建てる場合~設計段階での対策~

玄関の設計に工夫する
シロアリは普段土中におり、餌の木材を探して建物内に移動して来ます。そのため木材と土壌が触れ合う玄関はシロアリを招きやすい場所です。木材部分をできるだけ地面から上げた造りにすることで侵入を防げます。立地環境的にシロアリが発生しやすい場合は、建設の際にこうした工夫を行なうことで対策を図れます。
風通しの良い住宅にする
シロアリは羽アリとして建物内に飛来して侵入することもありますが、土中を通って建物の基礎部分から内部に入ることがほとんどです。床下は特に風通しが悪く湿気が溜まりやすいので、シロアリにとっては絶好の侵入場所であり餌場でもあります。基礎を高くすることで、湿気を溜め込まないようにしましょう。
住宅設備に気をつける
ウッドデッキは外部と内部をつなぐ部分であり、木材が多く使われています。シロアリが集まって来やすいので、薬剤を使用したり土壌と離したりといった対策を行ないましょう。

既存の住宅のシロアリ対策

湿気を溜めないようにする
シロアリは湿気の多い場所を好むため、湿気を溜め込まないようにすることは基本中の基本です。掃除をする際は窓を開けて十分な換気を行ないましょう。
シロアリのエサとなる物を処分する
家の周りに木材が放置されていると、そこがシロアリの温床となります。雨や水分を含み腐敗した木材は餌になるだけでなく、棲家にもなるため土中からシロアリが集まってくるでしょう。庭にたんすや本棚などの木製の粗大ごみを置くのも危険です。立地環境的に湿度の高い場所は気を付けましょう。

シロアリ対策に効果的な「床下換気扇」

近くに川や緑が多い立地環境であれば、土中に水分を溜めやすく、常に湿度が高いという特徴があります。建物の床下は空気の流れがなく、直接日が差し込まないため湿気でカビも生えやすくなっています。「床下換気扇」を取り付けることで、強制的に空気の流れを生み出し、湿気を追い出すことができます。シロアリは多くの種が乾燥に弱いため、床下を乾かせることで、効果的に侵入を食い止めることができるのです。

TOPボタン